読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかいろいろ

自転車中心にカメラとか無線とかパソコンとか

信太山駐屯地の創立記念行事に行ってきた

おはこんばんにちは。今回はガジェットでもなんでもなくおでかけ日記になります。

 

4/16に大阪は信太山にある陸上自衛隊信太山駐屯地で開催された創立60周年記念行事にフリーライセンス無線で知り合ったOMさんと一緒に行ってきました。

 

 

JR信太山駅からシャトルバスが出ていたのでそれに乗って駐屯地まで。五分くらいで到着です。以前に一度だけ記念行事に来たことがあるのですが、その時とは違って人が物凄く多い。男子トイレにも待機列ができるくらい。

 

先ずは敷地内のコンビニでグッズ調達。そこも人が一杯でなかなか歩けなかったけどなんとかメモ帳をゲット。ついでに水も調達。その後はぷーらぷらと敷地内の散歩。

 

そうこうしてるうちに訓練展示が始まりました。戦闘ヘリ?がものすごいスピードで低空飛行です。
f:id:gadgetandcycle:20170421135059j:image

写真下手ですみません。なんでしょうねこのヘリ?分かる方いたら教えてください。

その後、歩兵?って言うのかな。匍匐前進でグラウンドを進み、後方支援では74式戦車とFH-70榴弾砲の空砲発射です。訓練展示での写真はFH-70しか撮れませんでした。
f:id:gadgetandcycle:20170421135649j:image

物凄い音で痺れます。最高か。

訓練展示が終わり、車両展示までは常時展示されている戦車を見て回りました。
f:id:gadgetandcycle:20170421135820j:image
f:id:gadgetandcycle:20170421135858j:image

かっこいいですね。いつの時代のものなんでしょうか?


f:id:gadgetandcycle:20170421135950j:image

戦車の上には子供がたくさん登っていました。
f:id:gadgetandcycle:20170421140020j:image

僕も少し登ってパシャリ。貴重な体験です。

 

この後、車両展示が始まりましたので近くまで見に行きました。
f:id:gadgetandcycle:20170423224222j:image
f:id:gadgetandcycle:20170423224249j:image
f:id:gadgetandcycle:20170423224545j:image
f:id:gadgetandcycle:20170423224603j:image
f:id:gadgetandcycle:20170423224659j:image

 

AndriodWearアプリの不具合

おはんこんばんは。

 

今回はGooglePlayで配信されているWear使用者なら必須のアプリ、AndroidWearアプリの不具合についてです。

Android Wear - 時計 - Google Play の Android アプリ

 

現段階での最新版は2.0.0.150937786.gmsですが、このバージョンにアップデートした際にWearへの通知が来ないというバグが発生しました。対処方法としては、スマートフォン、Wear共に再起動することです。幸い、私の環境ではそれで治りました。

 

話は少しずれますが、auスマートフォンを使用している私は安心プラン?かなんかで2000円ほどで新品同様の同機種同色のリフレッシュ品に交換して貰えるということで交換していただきました。今は新しく届いたもので書いています。

そういうこともあって旧端末にWearアプリの一つ前のバージョンの2.0.0.141773014.gmsがインストールされていました。そこで物は試し、旧端末からapkを吸い取って新しい端末にインストールしてみました。結果としてはきちんと通知が来ました。再起動が煩わしい方は試してみてもいいかもしれませんね。吸い取るほうが手間掛かると思いますが笑

 

それでは。

【レビュー】SWR50を暫く使って 後半

おはこんばんにちは。

 

久しぶりのブログエントリーです。テストなりなんなりで忙しかったんですわぁ…

 

さて、前回はSONYのスマートウォッチ、SWR50を暫く使って良かったところを書きました。今回は逆、不満なところを書きたいと思います。

 

 

悪かったところ

  1. 動作が重い
  2. 発熱が多い
  3. バンドが外れやすい
  4. 充電がしづらい(microUSBが刺しにくい)

 

こんくらいですかね。順番に書いてきましょう。

 

一つ目は動作が重いこと。重いと入っても少しなのでフリーズなんてことはありません。時々フレーム落ちがあるのが気になるところです。けど一昔前のAndroidスマートフォンと同じスペックがあんな小さい四角に詰まってると思うとワクワクしますよね。これから出てくるスマートウォッチはWear2.0搭載機が主流となり、Androidアプリを使用できるようになるみたいですからスペックも良くなっていくでしょうね。楽しみです。

 

話がずれましたが二つ目は発熱です。GoogleMapのナビ機能を使用していると発熱が凄いことになります。暖かい…ではなく熱っ!って感じでしょうか?冬場なら時計型カイロになりますね笑 この発熱もありアプリを使用するとバッテリーはゴリゴリ減ります。私はそんなにアプリ使わないんであんまり問題ないですけどね。

 

三つ目はリストバンドが外れやすいことです。これはほんとどうにかしてほしい…私の購入したSWR50はライムグリーン。パチっと金具で止めるタイプです。購入してから気付いたのですが同機種のブラックは普通の時計のような留め方です。先に知ってたら黒にしてた… さて、ライムグリーンの留め具ですが自転車に乗るときに着けているとちょっとした段差での振動で外れてしまいます。これは困ります。いまどうにかして外れないようにしようとマグネットシートでも挟もうかなと思ってます。
f:id:gadgetandcycle:20170326133902j:image
f:id:gadgetandcycle:20170326133943j:imageこう…パチンと。

 

 

四つ目は充電がしづらいことです。アップルウォッチやMoto360等の他社製スマートウォッチは本体と充電器の間にケーブルを使わず充電できるものが多いです。本体を直接充電器に置くんですね。これは便利。それに比べてSWR50はmicroUSBで充電しなければなりません。それは一歩譲っていいとして問題は端子です。これが使いにくい!本体裏側に端子があるのですが、防水性能を保持するための蓋があります。まずそれが外しづらい。そして外せてもその蓋がプラスチック製で硬いから戻ってこようとする。そんでもって本体から垂直にケーブルが延びるからバンドに干渉するんですね。コレのお陰で毎回苦労しています。L字型のケーブル買えばいいんですけどね我慢です。
f:id:gadgetandcycle:20170326134023j:image本体裏はこんな感じです。
f:id:gadgetandcycle:20170326134048j:image蓋は奥の灰色のやつです。
f:id:gadgetandcycle:20170326134116j:imageぴろーん

 

 

 

さて、今回はSWR50の不満なところを書きました。文章グチャグチャですが読んでいただけて嬉しいです。またこんな感じで書いてきます。では。

【レビュー】SWR50を暫く使って 前半

おはこんばんにちは。今日は比較的暖かいですね。

 

さて、新年早々に購入したスマートウォッチ、SWR50。暫く使って良かったとこ、悪かったとこを書いていきたいと思います。SONYのスマートウォッチ-SWR50 - なんかいろいろ

 

良かったところ

  1. 通知が手元でパッと見れる。
  2. LINEなどの通知に対してwear単体で返事ができる。
  3. バッテリー消費が少ない。
  4. 外でも液晶が見やすい。

こんなとこでしょうか。

 

まず1です。これはもうAndroidWear本来の目的なので間違いないですね。これで「通知機能が不満!」とかいってたら折角のWearが勿体ないです。僕の環境では通知バクなどは発生していませんが、他の環境(OSのバージョン違いやiOS等)では発生する場合があるようです。

 

2つ目にLINEやTwitterなどを音声入力を使用して返信出来ることです。人前で使うには少し抵抗がありますが、自転車に乗っている時に信号待ちで止まる時、わざわざ携帯を出して返事するのも煩わしいですよね。それをWearは解決してくれます。精度も良く、9割ほどは誤字なしで認識してくれますね。

 

3つ目にバッテリーが思ったより持つということです。SWR50のレビューを見てみると、バッテリー持ちが悪いとの評価を良く見ます。まぁ充電すればいいだけだしと思ってたので一日持てば僕的には充分でした。いざ実際に使ってみると2日と半日は優に持ちます。環境によっても、変わるかもしれませんが、少なくとも僕の使い方では充分持ちました。

 

4つ目は外でも液晶が見やすいことです。これはほんとに驚きました。SWR50はバッテリー消費を抑えるために装着時には自動的に画面輝度を下げてくれます。その際に電子ペーパーのような表示に切り替わります。バックライトを消灯しているだけかな?だれか知ってる人教えてください。とにもかくもこれのおかげで外でもくっきりしっかり数字が読めます。

 

ここまでは僕がいいな、便利だなと思ったことを書きましたが次の記事では不満を書きたいと思います。

 

DUALSHOCK3の修理

こんばんはにちは。今朝はすごい雪でした。大阪のくせに。

 

さて、今回は前回のお話の続きです。まだ読んでない方はぜひ読んでみてください。

 

問題発生…どんな問題かというとテレビゲームには欠かせないあれです。そうですコントローラーです。どうも誤作動を起こします。L1だけ押しているのにL2や十字キー上が反応したり。もう使い物にならない。グラセフのストーリー中に車から飛び出したりしてもうてんやわんやですよ。調べてみるとPS3用のコントローラーのDUALSHOCK3は誤作動を起こす故障が良くあるようです。そこで自分でなんとか直せないかなーと思って調べてみたらまぁわんさかといろいろな方法が出るわ出るわ。そのうちの一つ、ティッシュを挟んで修理するというものを見つけ、こんな簡単なものはないと思い直ぐに実行することにしました。 

f:id:gadgetandcycle:20170124112746j:image

これが例の物です。右アナログスティックの根元が割れていますがこれは元々です。商品説明文に書いてあったので問題無しですよ。

f:id:gadgetandcycle:20170124113020j:image

裏側です。ネジで5箇所留められているので外していきます。通常のドライバーでおっけーです。
f:id:gadgetandcycle:20170124113120j:image

いやーん。御開帳。真ん中の灰色の板はバッテリーです。300mAhだったかな?それだけで暫くは充電無しで使えるのは凄いです。持ち手部分の左右には振動機能用のモーターが内蔵されています。左右でおもりの数が違うのはデフォルト??
f:id:gadgetandcycle:20170124114637j:image

バッテリーの裏はこんな感じ。HITACHIのチップが真ん中にドンと居座っています。

 

さて、開封が完了したので修理に取り掛かります。
f:id:gadgetandcycle:20170124114738j:image

方法は簡単!こうやってティッシュを挟んで閉じるだけ。猿でもできます。写真は載っけてるだけですが、テープで止めてから閉めましたよ。

 

さてさて、簡易修理の結果は……凄いですねこれ。直りました。何ともあっけなく直っちゃいました。いやぁびっくらぽん。何故これで直るかと言うと、誤作動の原因は基盤の接触不良によるもので、ティッシュで圧をかける事であれがそうなってこんな感じに直るみたい……考えた人に感謝。ちなみに、L2R2のボタンがガバガバだったのでついでに直しました。んー完璧。これで楽しく快適にゲームに集中できますね。この修理はあくまでも自己責任でお願いします。それでは。

PS3こうにゅにゅ

おはこんばんにちは。今朝の気温は3℃を下回る寒さでした。布団からなかなか出られませんね。

 

さて、今回の話題は最近中古で買ったPS3のお話です。

 

初期3DSを四年前に購入してからゲーム機を買わずだった僕。二年前にPS4が発売された時も欲しいなーと思いつつも購入せずでした。高かったんですよね当時は。今は価格も三万円程度に落ち着きましたが未だ購入せず。理由は買ってもそこまでガッツリ遊ばないということと、バイトしていない僕には少し高いです。オンラインプレイが有料ということもあって購入しないことにしました。そこで色々調べてるうちにPS3なら中古安いし楽しめるかなーと。そういう感じで購入です。オンラインも無料だしね。 

 何故か購入したものと同じやつが出てこなかったので兄弟機を。

 

購入したのはPS3の第二世代だったかな?のCECH-3000A。HDDが160GBのモデルです。

なぜこのモデルかと言うと、ディスクの出し入れが簡単なこと。3000シリーズの後継機は天板を手で開けてディスクを置くタイプ。これはめんどくさそうだなーと思ったから。もう一つはHDDへのアクセスランプ。後継機には付いていないようで。シャットダウンの時にアクセス中だったらデータ破損も有り得るからね。こんな理由で3000シリーズを選びました。

価格はコントローラー込で9980円。一万円切ってました。箱説明書無しでしたが問題無しです。注文して2日で届きました。Amazonの倉庫からだったのでお急ぎ便指定です。一緒にグラセフとAmazonベーシックのHDMIケーブルも購入しました。

 

 

 

 到着して本体を開けてみるとまぁなんということでしょう。超美品では有りませんか。これで1万だったら安かったな…と思いつつ起動。アップデートを済ましていざゲームプレイです。……とここで問題発生です。続きは次回…

SONYのスマートウォッチ-SWR50

こんばんにちは。

 

今日は全国的に激しく雪が降るとのことですね。寒い寒い。手の動きが鈍くなっちゃいます。

 

そんなこんなで今回の話題はSONYのスマートウォッチ、SWR50です。

昨年12月頭、販売価格ががくんと落ちました。理由としては、恐らくAndroidWear2.0を搭載した新型のスマートウォッチがSONYから発売されるため、企業の在庫処分のためだと思われます。

 

ソニー SmartWatch 3 SWR50 G ライム

ソニー SmartWatch 3 SWR50 G ライム

 

 このSWR50は発売されてから二年以上経つ型落ちモデルですが、未だ根強い人気を集めています。スペックが他社の現行モデルと比較すると、少し低いためWear2.0へのアップデートは怪しいところです。

 

2/9追記

2/8(米国時間)にAndroidWear2.0が正式に発表されました。既存の機種には数週間以内に配信を開始する模様ですが、その対応機種のリストにSWR50の名前はありませんでした。残念ながらSWR50は2.0へのアップデートは行われないようです。

 

そんなSWR50ですが、ポチりました。はい。
f:id:gadgetandcycle:20170114123907j:image

クリアケースに入っています。この状態で店頭販売されていたようですね。上手にフックをかける穴がありました。
f:id:gadgetandcycle:20170114124019j:image
f:id:gadgetandcycle:20170114124035j:image

側面と裏面です。何故か国内正規品は側面の表示にNFCがありません。海外モデルではNFCの記載があるようです。

f:id:gadgetandcycle:20170114124138j:image

そんなこんだで開封。付属品はmicroUSB、保証書、簡易取扱説明書です。

f:id:gadgetandcycle:20170114124317j:image

充電をしてから電源を入れるとスマートフォンとのペアリングを求められます。グーグルプレイかAppStoreからAndroidWearアプリをインストールしましょう。端末設定のBluetoothからは接続できません。1度接続しないと時間も表示できませんのでスマホを持ってない人には不必要な高いおもちゃです。

f:id:gadgetandcycle:20170114124609j:image

アプリを起動して指示に従い進んでゆくと、スマートウォッチの名前が表示されます。
f:id:gadgetandcycle:20170114124647j:image

表示されただけでは接続出来ていませんので、タップして接続確認画面まで進めます。

f:id:gadgetandcycle:20170114124741j:image

接続が完了すると、各種設定がスマートフォン側で出来るようになります。この時点で、AndroidWearのバージョンは1.0だったかな。アップデートが必要ですのてスマートフォンにペアリングしたままで暫く待ちましょう。アップデートの準備が完了するとスマートウォッチ側に通知が表示されます。指示に従ってインストールしましょう。

f:id:gadgetandcycle:20170114124943j:image

ちなみに、このようなエラーメッセージが出る場合がありますが、充電をしながらでないとアップデートができませんよという表示なので、microUSBを接続して充電しながらアップデートしましょう。途中で電源が落ちて文鎮化を防ぐための対策ですね。

 

5回くらいかな?再起動を繰り返して最新ファームへのアップデートが完了しました。最新はAndroid6.0.1のWear1.5。初期状態から変わったことは、Wi-fiが使用できるようになった、開発者オプションが表示されるようになった事かなぁ。自分で気付いたのはこれくらい。開発者オプションはビルド番号を連打することで表示することができます。

 

次回は2週間ほど使ってみて便利なこと、不満な事を書きたいと思います。