読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかいろいろ

自転車中心にカメラとか無線とかパソコンとか

DUALSHOCK3の修理

こんばんはにちは。今朝はすごい雪でした。大阪のくせに。

 

さて、今回は前回のお話の続きです。まだ読んでない方はぜひ読んでみてください。

 

問題発生…どんな問題かというとテレビゲームには欠かせないあれです。そうですコントローラーです。どうも誤作動を起こします。L1だけ押しているのにL2や十字キー上が反応したり。もう使い物にならない。グラセフのストーリー中に車から飛び出したりしてもうてんやわんやですよ。調べてみるとPS3用のコントローラーのDUALSHOCK3は誤作動を起こす故障が良くあるようです。そこで自分でなんとか直せないかなーと思って調べてみたらまぁわんさかといろいろな方法が出るわ出るわ。そのうちの一つ、ティッシュを挟んで修理するというものを見つけ、こんな簡単なものはないと思い直ぐに実行することにしました。 

f:id:gadgetandcycle:20170124112746j:image

これが例の物です。右アナログスティックの根元が割れていますがこれは元々です。商品説明文に書いてあったので問題無しですよ。

f:id:gadgetandcycle:20170124113020j:image

裏側です。ネジで5箇所留められているので外していきます。通常のドライバーでおっけーです。
f:id:gadgetandcycle:20170124113120j:image

いやーん。御開帳。真ん中の灰色の板はバッテリーです。300mAhだったかな?それだけで暫くは充電無しで使えるのは凄いです。持ち手部分の左右には振動機能用のモーターが内蔵されています。左右でおもりの数が違うのはデフォルト??
f:id:gadgetandcycle:20170124114637j:image

バッテリーの裏はこんな感じ。HITACHIのチップが真ん中にドンと居座っています。

 

さて、開封が完了したので修理に取り掛かります。
f:id:gadgetandcycle:20170124114738j:image

方法は簡単!こうやってティッシュを挟んで閉じるだけ。猿でもできます。写真は載っけてるだけですが、テープで止めてから閉めましたよ。

 

さてさて、簡易修理の結果は……凄いですねこれ。直りました。何ともあっけなく直っちゃいました。いやぁびっくらぽん。何故これで直るかと言うと、誤作動の原因は基盤の接触不良によるもので、ティッシュで圧をかける事であれがそうなってこんな感じに直るみたい……考えた人に感謝。ちなみに、L2R2のボタンがガバガバだったのでついでに直しました。んー完璧。これで楽しく快適にゲームに集中できますね。この修理はあくまでも自己責任でお願いします。それでは。