なんかいろいろ

お猿さん並みの語彙力と日本語で書き綴る阿保のブログ

PS4 内部排熱ファンの交換

こんちにわん。

 

前回の記事からかなり立ってしまいました。読んでくれてる方すんません。

 

 

さて、前回からの続きでPS4の内部排熱ファンの修理ですがとりあえず終わったので書こうと思います。

 

Aliexpressにて注文した交換用のファンはセラーさんに再度発送手配していただき、その一週間後、無事に到着しました。てことで早速分解修理。ここからは正規修理が受けれなくなりますので真似するならば自己責任でお願いします。

f:id:gadgetandcycle:20171216223926j:image

今回餌食になるのはこの子。旧型のPS4 1200型です。まずはハードディスクを外します。本体を正面から見て左側の天板がハードディスクを覆うカバーになっていますので下に押し込みながらスライドさせると簡単に外せます。
f:id:gadgetandcycle:20171216224145j:image

f:id:gadgetandcycle:20171216224206j:imageネジ一本で締められているのでそれを回すとスポンと簡単に外れます。プラスチックの爪が見えると思いますがそれのみで天板を留めてあります。
続いては排熱口の封印を外し、中のトルクスネジをトルクスドライバーで外していきます。
f:id:gadgetandcycle:20171216224040j:image外したら外装の取り外し。まず裏側の外装から取り外します。外装の取り外しにはコツがあって、横から爪を差し込んでグイグイいくのがベストです。この時、必ず後ろの排熱口からは外さないでください。確実に割れるそうです。
f:id:gadgetandcycle:20171216232040j:imagef:id:gadgetandcycle:20171216232046j:image表裏共に取り外しました。ここからはまず、電源ユニットを取り外していきます。
f:id:gadgetandcycle:20171216232250j:image裏側の放熱用ステンレス?プレートの下がユニットになっていますので、プレートを固定しているネジを外します。この時、先に写真中央左寄りに見えるコネクタを予め外しておきます。
f:id:gadgetandcycle:20171216232354j:image外れました。
f:id:gadgetandcycle:20171216232505j:imageこのへんの奴もちゃっと外してしまいます。
f:id:gadgetandcycle:20171216232603j:image外したら次は表側。このステンレス板の下にマザーボードが入っています。ここは普通の十字ネジとトルクスネジが混在していますので注意してください。
f:id:gadgetandcycle:20171216232923j:image全部ネジを外して板を持ち上げるとようやくマザーボードとご対面です。でも今回のターゲットはファンなのでもう一息。中央付近にある変な形のプレートを外します。そしたらマザーボードについているネジも外していきます。ファンに繋がっているコネクタを忘れずに外してください。
f:id:gadgetandcycle:20171216233103j:imageマザーボードを持ち上げるともう一枚、板が出てきます。これも今まで同様取り外します。
f:id:gadgetandcycle:20171216233222j:image取り外すと裏面に大きなヒートシンクが取り付けられています。一度分解してみると空気の流れがなんとなくわかります。
f:id:gadgetandcycle:20171216233310j:imageそしてようやく辿り着いたファン…指で回してみるとやっぱり何か引っかかってる気がします。よっしゃーやっと交換だぜーって事で届いたファンを取り付けてみると…あれ。コネクタが繋がらない。あれ?と思って見比べてみるとなんかコネクタが違う。
f:id:gadgetandcycle:20171216233555j:imageおーまいが。完全にやらかしました。大きい方が元々付いていたものです。
f:id:gadgetandcycle:20171216233532j:image型番は同じなのに…なんででしょうね?とにかくこのままにしておく訳にはいかないので手持ちの5-56を元々のやつに吹っ掛けました。プラスチックに5-56は滅茶苦茶毒なので真似しないように!シュッと吹いてやると先程とは打って変わってクルクルーっと軽く回るようになりました。油分が切れてたのかな。とこんな感じになります。ファンはまた後日改めて注文しておきます。

 

バラしたついでにグリスも塗り直しておきました。ちょっと薄く塗りすぎたかも。また開けるときに追加します。
f:id:gadgetandcycle:20171216233927j:image

 

 

 

今回はここまで。自分自身、ゲーム機の分解とか初めてでしたが案外サクサクと作業できました。ただし!保証が一切効かなくなるので真似するなら自己責任でお願いします。